可愛らしい動きと独特の風貌で水族館での人気を不動のものにしています。

しかし、マンボウには多くの寄生虫が住み着いているのです。

そこで今回は、マンボウと寄生虫をテーマにして話していきたいと思います。

マンボウ 寄生虫 共存

マンボウと寄生虫の不思議な関係性について調べてみよう!

ただ寄生虫に寄生されているだけでは何のメリットもないように思えます。

実は、隠れたところで寄生虫が、マンボウの身を保護してくれていることが分かりました。

いったいどのようなメリットが見られるのか紹介していきます。

その身に寄生虫がいるのは本当?

マンボウだけに限らず魚類には寄生虫はつきものですが、多いときはその数40種にも上ると言われています。

亡くなった個体を解剖した結果、その原因は寄生虫による窒息によるものが多いそうです。

その中には、ヒトに寄生するものもいますので、2つを取り上げて紹介します。

まず、ニュースなどで聞いたことのある「アニサキス」です。

サバやアジなどの青魚に巣食う寄生虫で、この寄生虫が人体に入ると、腹部に激痛が走ったり、嘔吐したりします。

次に、「シュードテラノーバ」というアニサキスに似た寄生虫です。

これも体内に侵入するとひどい腹痛や吐き気などの症状が現れます。

スポンサードリンク

寄生虫と共存しているの?

ある意味では、寄生虫と共存していると言えます。

いくら巨大なマンボウであっても、サメやシャチからすれば捕食対象となり得ます。

しかし、サメやシャチはマンボウの姿を見ると、逃げ去るようにその場を離れていきます。

目撃した人の話によると、それはまるでマンボウに大型肉食魚が道を譲っているかのよう見えたそうです。

それは、マンボウの体の表面に多くの寄生虫が付着しているため、それによって守られているのです。

マンボウにとっては複雑ですが、寄生されて亡くなることもありますが、捕食者を避けるための役割を果たしてくれています

まとめ

マンボウの体の表面や体内には多くの寄生虫が付着しており、これが原因で亡くなってしまうこともあります。

しかし、寄生虫の存在があるおかげで、大型肉食魚に食べられそうになることはありません。

マンボウと寄生虫に、このような関わりがあったとは初めて知ったのでびっくりしました。

スポンサードリンク