水族館で一際その存在感で人々を魅了している魚の1つに、マンボウがいます。

あの巨大な体と、独特な風貌が特徴的で惹きつけるものがあります。

ところで、マンボウと呼ばれるようになった由来はどこにあるのでしょうか?

マンボウの呼称の由来!漢字表記は?英語の呼び名は?

マンボウ 英語 読み方 漢字 由来

海の魚は漁場によって独特の呼び名がありますが、マンボウにもそのような呼称があるのでしょうか?

漢字表記や英語名とともに、紹介していきたいと思います。

「マンボウ」の由来は?

「満方」、あるいは「円魚」から来ているという説があります。

これはどちらもその形状を表す、「円い」という特徴が語源となっているとされています。

他に、「万宝」が由来というものもありますが、これはお守りの万宝に外見が似ているからだと言われています。

東北などでは「浮木(うきき)」、新潟県では「雪魚(ゆきなめ)」、鹿児島では「尻切(しきれ)」など、様々な地域名をもっています。
マンボウは、漢字で「翻車魚」と書きます。

翻車の「翻」には、ひっくり返るという意味があり、「車」は回転して動力となるものを表しています。

つまり、川の水をくみ上げる水車と言った意味や、反転してしまった車輪の意味があるそうです。

マンボウの身体の特徴が丸くて、水車や車輪に似ているから、そのように見立てて考えているのでしょう。

スポンサードリンク

英語ではどんなふうに呼ばれているの?

「ocean sunfish」とつづり、直訳をすれば「海辺の太陽のような魚」という意味になります。

これは、マンボウが海面に横倒しになって水面を漂っている姿を日光に見立てたことに由来しているそうです。

もう1つ呼称があり、「headfish」と呼ばれています。

これは見た目から来ているようで、一見すると頭だけのように見えてしまうことからこのように呼ばれています。

腹ビレ、背ビレはまっすぐ垂直にのびていて、しかも尾ビレは退化しています

まとめ

いろんな呼び名がありますが、どれもマンボウの特徴を捉えている面白い表記でした。

満方や万魚はその形状が由来に、漢字表記の翻車魚もその姿を水車などに見立てています。

英語表記は、ロマンチックな表記もあれば、そのままの見た目をズバリ言い当てているものもあります。

スポンサードリンク