マンボウは、食卓に上るような身近な魚ではないものの、そのインパクトのある姿から人々の注目を集めてしまいます。

多くの人々の注目の的になる魚、マンボウの「なぜ」をキーワードに、産卵について調べていきたいと思います。

マンボウ 卵 なぜ

なぜマンボウはたくさんの卵を産んでしまうの?

多産としても有名なマンボウですが、いったいなぜ多くの卵を産む必要があるのでしょうか?

いったいどれくらいの卵が成体へと成長できるのでしょうか?

これらの質問への回答も含めて、これから話していきます。

たくさん産卵する理由は?

マンボウのメスは成長すると2t以上の重さになり、体長は3mを超す巨大な魚へと変化します。

マンボウのメスは数回に分けて、なんと3億個の卵を遠くの沖合で産み落とします。

卵の直径は1.2㎜~1.5㎜と意外にも小さいのが特徴です。

産卵を終えると、マンボウはかいがいしく卵の世話をしたり、天敵から身を守ったりなどしません。

ですから、タツノオトシゴのように孵化するまでお父さんが抱っこしているなどといった姿を見ることはできません。

マンボウの場合は卵を産み終えたら、それで子育ては終了で、後は自然淘汰の中で生き残ったものだけが大きく育っていきます。

スポンサードリンク

産み落とされた卵はなぜ散らばってしまうの?

産み落とされた卵が水中でバラバラに散ってしまうものを、「分離浮遊卵」と呼びます。

食卓を彩るサバやアジ、高級感漂うヒラメ、などもこのような産卵の仕方を行います。

マンボウの卵はこれに該当しますから、トラフグのように卵どうしが密着して海の中を漂い、岩などに付着するようなことはありません。

ちなみに、トラフグの卵のようなタイプは、「粘着沈静卵」と呼ばれています。

大量の卵が大海の中へと飛び散ってしまうわけですから、集団捕食のリスクを軽減することができます。

しかしながら、卵が孵化し、成長していく中で数はだんだんと減り、産卵時の数%しか成体へと成長できません。

まとめ

マンボウは卵を産んだら、後は無関心で、自然に任せてしまいます。

卵どうしが水中でばらばらに散らばることにより、集団で捕食されてしまうようなことは防ぐことができます。

残酷なようですが、数を多く産み、その中からわずかな数が成長できるような戦略を立てているようです。

スポンサードリンク