水族館で泳いでいる姿が第一に浮かぶ人にとっては、とてもショッキングなことかもしれません。

しかし、日本国内において三陸などでは地元で食べられてきた身近な食材なのです。

そこで今回は、マンボウを食材という視点で見つめていきたいと思います。

マンボウ 肝 腸 食べ方 調理法

マンボウの「腸」や「肝」の食べ方について!おススメは?

いわゆるマンボウのホルモンを美味しく食べるには、どうすればいいかについて紹介していきます。

今回は、昔から食されている地域の料理法やそれをアレンジしたものなどを中心に話していきます。

いったいどんな食べ方があるのでしょうか?

美味しい腸の食べ方は?

まず、おススメは「腸の塩焼き」です。

しっかりと湯通しした腸を適当な大きさに切り、串にさして塩焼きにして食べる、とてもシンプルな方法です。

七味唐辛子、柚子胡椒、ニンニク、黒コショウなどをかけると、また違った味わいを楽しむことができます。

甘辛いタレをぬりながら焼いたり、味噌をぬって焼いたりすると面白いかもしれません。

次に、ホルモンを彷彿とさせる食感の「腸の炒め物」です。

しっかりと水分を出した腸を使い、塩コショウで炒めてもよし、野菜と一緒に炒めても抜群です。

その他、焼き肉のタレや味噌ダレに漬け込んだ腸を炒めても、酒の肴やご飯のおかずに最適です。

スポンサードリンク

肝はどうやったら美味い料理ができるの?

とてもシンプルながらお酒のお供に、ご飯のお供にもおススメの料理があります。

それは「肝和え」です。

まず、マンボウの肝をしっかりと湯通しします。

同時に、別の鍋で水を入れずにマンボウの身を適当な大きさに切ったものを入れて火を通してください。

マンボウの身はほとんどが水分を含んでいますので、これによって身の余計な水分を落とすことができます。

次は味噌を、油を敷かずに焦げる寸前くらいまで炒めたところへ、醤油、酒などを入れ煮詰めていきます。

そこへマンボウの肝を投入し、身としっかりと絡むように混ぜれば完成です。

まとめ

腸にしても、肝にしても、しっかりと火を通してからそれぞれの特色を生かした料理法があります。

マンボウの腸は食感を充分に楽しめますし、肝は独特のクセのある旨味を堪能することができます。

こうしてみてくると、水族館の展示物から食材へと少しずつイメージが変化していくような気がしました。

スポンサードリンク