日本各地で食されているわけではありませんが、限定的に食べられている感が強いので、マンボウは珍味に分類されます。

では、いったいどんな調理法が人気なのでしょうか?

また、外国で積極的に食べられているのはどの国なのでしょうか?

マンボウ 人気 理由

うまいマンボウ料理は?食材として人気のある国は?理由は?

マンボウと食をテーマにして、今回はおいしいマンボウ料理を紹介していきたいと思います。

ある国ではマンボウ料理が熱を上げているようですが、なぜ人気があるのでしょう。

日本で食べられている人気の料理は?

マンボウが水揚げされる漁港を中心にその周辺地域では、身近な食材となっているそうです。

よく食されている「肝味噌煮込み」を紹介していきます。

準備するものは、マンボウの身と肝(350g程度)、細切りにした大根、味噌(大3)、醤油(大2)、酒などです。

マンボウの身は水分を多く含んでいるため、事前にフライパンで何もつけずにそのまま炒めておくことをおすすめします。

こうすることによって、味の染み込み具合がとてもよくなりますし、寄生虫の心配もなくなります。

肝は別のフライパンを使いヘラでつぶしながら炒め、そこへ調味料と大根を投入し、炒めたマンボウの身も入れて煮含めていきます。

スポンサードリンク

マンボウ料理が人気の国は?そのわけは?

マンボウ料理が人気を博しているのは、台湾です。

東側に位置する花蓮県(かれんけん)という地域は、台湾最大のマンボウの産地と呼ばれ、多くの飲食店で料理が提供されています。

台湾での旬は5月頃、定置網で捕獲するというのが一般的なようです。

人気の理由は、女性の美容に役立つコラーゲンも豊富に含まれているからです。

また、マンボウの身は、クセがなくて食べやすいことも人気の理由の1つです。

マンボウは、全体の9割を食材として使用できるので、一般的になじみの深い食材です。

腸の部分は茹でて食べれば、コリコリとした食感がクセになってしまうくらいおいしいそうです。

まとめ

日本で食べられているマンボウ料理の中でおすすめは、肝味噌煮込みです。

台湾では美肌効果も期待できるとして、女性にも人気で食されているようです。

食べることに抵抗がある人にも、焼いたり、煮込んだりなど加熱した料理であれば食べやすいかもしれませんね。

スポンサードリンク